トップページ町について  > 立山マリモ
立山マリモ
立山マリモ

これは何?
 マリモが発見された池では、作った当初は川の水を引いていましたが、昭和50年代初めに水源を湧水(わきみず)に変えてから緑色の藻(も)のようなものが出はじめました。
 池の持ち主である広明正一さんは、以前に阿寒湖を訪ねてマリモを見てはいましたが、「まさか、家の池にマリモがあるはずがない。」と思い、最初はすくって捨てていました。
 しかし、数年のあいだ注意深く観察していたところ、自然に球状に固まり、瓶に入れると浮いたり沈んだりして、阿寒湖のマリモと同じ特徴を示すことに気づきました。
 そこで、昭和62年に専門家に見てもらったところマリモであることがわかり、「立山マリモ」と名付けられました。


どこからきたの?
 発見当時は、本州日本海側で最も南に分布するものとして注目された「立山マリモ」ですが、どうして立山町にマリモがあるのでしょうか?次の二つの説が考えられます。
 一つは「外来説」で、他の生息地(主に北海道)から何らかの方法で入ってきたというもの。
 いま一つは「自生説」で、この辺りのどこかで氷河期から人知れず生き残っていたか、町内のどこがから地下水を通って現れたというものです。
 最初は「外来説」が有力でしたが、その後調査研究を重ねた結果「自生説」が有力となり、平成9年にはDNA鑑定によって地区の固有種と確認されました。
 実際これを裏付けるような古老の話として、この池の北西約1kmにある日水(ひみず)集落では、昭和45~46年の圃場整備まで、小川一面に緑色の丸い藻が沢山はえていたということです。

立山マリモはどの仲間?
 昭和62年頃の分類は形態の観察から行われたもので、マリモ類は『マリモ』と『ヒメマリモ』の2種に大きく分類され、『マリモ』はさらに「マリモ」「フジマリモ」「力ラフトマリモ」「チシママリモ」「ト□マリモ」の5種類に分けられていました。  立山マリモは、最初は「フジマリモ」、その後は「マリモ」(阿寒湖などに分布)の仲間と考えられ、研究者によってもその見解は分かれていました。  平成10年には、発見以来「立山マリモ」の調査研究を続けていた『立山マリモ生息状況調査委員会』が、DNA鑑定の結果、国内のマリモの中で「立山マリモ」だけが系統の異なる新種であるとの結論を出しました。  さらに平成11年、阿寒湖町教育委員会を中心とする研究グループが、DNA分析により東アジア地域のマリモ類が「マリモ」と「夕テヤママリモ」の2種類のみであることを確認しました。
 これにより、「立山マリモ」は「タテヤママリモ」という新種であり、阿寒湖のマリモと系統を異にする国内で唯一の別種であることが確定し、その重要性がますます高まりました。

マリモはなぜ丸くなる?
 「マリモは水流によって転がされて丸くなる」というのが現在有力な説とされている菅野説で、昭和9年(1934年)に発表されました。確かに、阿寒湖の生息地には流れこむ河川があり、山中湖・河口湖には湖の底から湧き出す豊富な地下水があります。つまり、マリモが球化するには外部の物理的な力が必要だとする考え方です。
 しかし、この池と実験水槽にはほとんど水流が無く、水が流入する所のわずかな面積を除いては、そのような物理的な力は加わっていません。にもかかわらず、楕円形とはいえ、全てのマリモが固まって水面に浮かんでいるのです。
 この現象を説明するには、大正12年(1923年)に発表された「マリモ自体が本来持っている性質によって丸くなる」という西村説が最も有力であろうと考えられます。この説は、
 ①マリモの上面と下面では、光のよく当たる上面が早く成長する。
 ②成長につれて重心が上に移り、やがてバランスが崩れて裏返る。
 ③この繰り返しにより、マリモがだんだん球化する。 というものです。
 「立山マリモ」には球形のほか扁平なものが多くあり、その上面は盛り上がっていて、まさに西村説にピッタリ当てはまります。
 ただし、阿寒湖などでは扁平なマリモが多くは見られていないこともあり、この現象が立山の池だけで起こる特殊現象の可能性も考えられます。
 また、「立山マリモ」は新種かつ国内唯一の別種であるため、「自ら球化する性質」も「立山マリモ」だけが持つ性質である可能性もあり、現在のところ丸くなる理由は特定できていません。

←マリモが発見された広明さん方の池

▽調査に使用している人工池
水の王国
 富山県は「水の王国」であるとよく言われますが、この豊かな水は立山連峰に降った雪や雨が長い年月をかけて浸透・湧出したもので、「立山マリモ」もこの豊富で鮮烈な地下水に育まれたものであることは疑いもありません。
 近年、いろいろな開発によって、富山県でも地下水の汚染・枯渇を心配する声が聞かれるようになりましたが、先祖より伝えられた天恵の資源である地下水を守り、これを子孫に伝えることが私たちの使命ではないでしょうか。
 そして、このことが貴重な新種である「立山マリモ」を守ることにもつながるのです。

(平成12年5月立山町教育委員会)