立山町環境美化の推進に関する条例 



 (目的)
第1条 この条例は、吸い殻等及び空き缶等の散乱並びに家電廃棄物等及び廃棄自動車等の投棄を防止することによって、地域の環境美化を図り、貴重な自然環境と快適な生活環境を保全し、もって美しいまちづくりを推進することを目的とする。

 (用語の意義)
第2条 この条例において、次の各号に掲げる用語の意義は、それぞれ当該各号に定めるところによる。
 (1) 吸い殻等 煙草の吸い殻、チューインガムのかみかす、紙くず、飼い犬の糞等をいう。
 (2) 空き缶等 飲食物を収納していた空き缶、空き瓶、その他の容器包装をいう。
 (3) 家電廃棄物等 特定家庭用機器再商品化法(平成10年法律第97号)第2条第4項に基づき政令で定める機械器具及びこれらに類するもの並びに規則で定めるものをいう。
 (4) 廃棄自動車等 廃棄された自動車、船舶、農機具及びこれらに類するもの並びに規則で定めるものをいう。
 (5) 町民等 町内に居住し、滞在し、又は町内を通過する者をいう。
 (6) 事業者 町内において事業活動を営む全ての者をいう。
 (7) 所有者等 土地又は建物を所有し、占有し又は管理する者をいう。
 (8) 空き地 宅地又は道路に近接する土地のうち、所有者等が現に使用していない土地をいう。
 (9) 公共の場所等 公園、道路、河川、用排水路、立山町廃棄物の減量化及び適正処理等に関する条例(平成5年立山町条例第30号)第18条第1項に規定するごみ集積場及びこれらに類する場所をいう。
(10) 道路 道路交通法(昭和35年法律第105号)第2条第1項第1号に規定する道路をいう。
(11) 車両 道路交通法第2条第1項第8号に規定する車両をいう。

 (町の責務)
第3条 町は、第1条の目的を達成するために必要な、環境美化の推進に関する施策(以下「環境美化施策」という。)を実施するものとする。
2 町は、前項に規定する環境美化施策の円滑な実施を図るため、町民等、事業者及び所有者等に対し協力を要請するものとする。

 (町民等の責務)       
第4条 町民等は、自ら積極的に清掃活動を行い、地域の環境美化につとめるものとする。
2 町民等は、町がこの条例の目的を達成するために行う環境美化施策が円滑に実施されるよう協力しなければならない。

 (事業者の責務)
第5条 事業者は、その事業活動に伴い地域の環境美化を損なうことのないよう必要な措置を講じるものとする。
2 事業者は、町がこの条例の目的を達成するために行う環境美化施策が円滑に実施されるよう協力しなければならない。

 (所有者等の責務)
第6条 所有者等は、その所有し、占有し、若しくは管理する土地又は建物の環境美化のため必要な措置を講じるものとする。
2 所有者等は、町がこの条例の目的を達成するために行う環境美化施策が円滑に実施されるよう協力しなければならない。

 (回収容器の設置及び管理)
第7条 容器包装により飲食物を販売する者は、これらの容器包装がみだりに投棄されないよう販売を行う箇所に識別表示された回収容器を設置し、これを適正に管理しなければならない。

 (飼い犬の糞の適切な処理)
第8条 飼い犬の所有者又は管理者は、当該者が所有又は管理する飼い犬が、公共の場所等又は他の者が所有し、占有し、若しくは管理する場所において糞を排泄した場合には、当該糞を適切に処理しなければならない。

 (居住地域等における空き地の管理)
第9条 事業所又は住宅等に近接する空き地の所有者等は、当該空き地に雑草を繁茂させ又は枯れ草等を放置することなく、常に適切に管理しなければならない。

 (投棄の禁止)
第10条 何人も、吸い殻等、空き缶等、家電廃棄物等又は廃棄自動車等を公共の場所等又は他の者が所有し、占有し、若しくは管理する場所に投棄してはならない。

 (放置の禁止)
第11条 空き地の所有者等は、家電廃棄物等又は廃棄自動車等を当該物が何人の所有、占有又は管理であるかを問わずその空き地に放置して、周辺の生活環境を損なうような行為をしてはならない。

 (公共の場所等への投棄防止措置)
第12条 町長は、公共の場所等において吸い殻等、空き缶等、家電廃棄物等又は廃棄自動車等の投棄が行われていると認めるときは、当該公共の場所等が自ら管理する場所である場 合は投棄を防止するため必要な措置を講じるも
 のとし、自ら管理する場所でない場合は当 該公共の場所等の管理者等に、投棄を防止ため必要な措置を講じるよう要請することができる。

2 町長は、道路に隣接する土地に吸い殻等、空き缶等、家電廃棄物等又は廃棄自動車等の投棄が反復し、継続して行われていると認めるとき又はそのおそれがあると認めるときは、当該道路が自ら管理する道路である場合は、投棄を防止するため、当該道路の一時的な 車両通行制限措置等を講じるものとし、自ら管理する道路でない場合は、当該道路の管理 者等に、当該道路の一時的な車両通行制限措置等を講じるよう要請することができる。

 (立入調査)
第13条 町長は、この条例の施行に関し必要な限度において、町長が指定する職員に、吸い殻等、空き缶等、家電廃棄物等又は廃棄自動車等が散乱している土地、建物及び構築物に立ち入り、その散乱又は投棄の状況を調査し、関係者に質問させることができる。  
2 前項の規定により立入調査をする職員は、その身分を示す証明書を携帯し、町民等、事 業者及び所有者等にこれを提示しなければならない。
3 第1項の規定による立入調査の権限は、犯罪捜査のために認められたものと解釈してはならない。

 (指導又は勧告)
第14条 町長は、第7条から第11条までの規定に違反した者に対し、必要な指導又は勧告をすることができる。

 (措置命令)
第15条 町長は、前条の規定による指導又は勧告に従わない者に対し、履行期限を定めて、改善その他必要な措置を講じるよう命ずることができる。

 (公表)
第16条 町長は、第7条又は第10条の規定に違反し、第14条の規定による指導又は勧告及び前条の措置命令に対し正当な理由がなく従わない者について、その旨を公表することができる。
   
 (委任)
第17条 この条例の施行に関し必要な事項は、規則で定める。

 (罰則)
第18条 第7条又は第10条の規定に違反し、第15条の規定による措置命令に従わない者は5万円以下の過料に処する。

   附 則
 (施行期日)
1 この条例は、平成13年4月1日から施行する。ただし、第18条の規定は、平成13年10月1日から施行する。