トップページ > ようこそ 富山県立山町へ。
ようこそ 富山県立山町へ。

立山町は、1954年1月に1町5村が合併して、立山町が誕生し、7月にさらに1村が加わり、現在のかたちとなりました。毎年4月15日の立山黒部アルペンルートの開通日に全国放送される、高さ20mにも迫る「雪の大谷」が有名となりましたが、世紀の大事業と言われた「黒部ダム」や、落差日本一(350m)の称名滝など、当町には日本一の観光資源が多くあります。

また、北アルプス立山連峰に降り積もった豊富な雪解け水が伏流水となって大地を潤し、あるいは、地下水となって私たちの生活や産業を支えてくれています。

私は、こうした資源を次世代にしっかりと引き継ぐと同時に、人口減少下にあっても、「持続可能な地域内資源(※)循環共生型」のまちづくりを基本とし、さらに、「立山」のブランド力アップと、個々の生産性を高めることによって、ここに住む人が、「一番とは言えないけれど、まあまあ快適かな」と思っていただけるようなまちを目指しています。

※自然、モノ、人材、資金

このホームページには、住民生活に直結する情報をはじめ、行政施策を進める上で重要となる財政などの情報や立山町への観光・定住情報なども掲載してまいります。小規模な役場であるため、不備な点もあると思います。どうぞ、ご質問やご意見をおきかせくださいますようお願いいたします。

2018年2月

立山町長 舟橋 貴之