◆町民の皆様へ / ◆事業者の皆様へ / ◆観光・定住情報 /◆戻る
定員適正化計画

 町では簡素で効率的な行政運営を目指すとともに、地方分権や多様化する行政需要に対応しながら、厳しい財政状況を踏まえて、平成16年度に作成した新しい定員適正化計画に基づき、新たな行政課題や社会情勢の変化に弾力的かつ的確に対応するため、計画的な定員管理に取り組んでいます。

①定員適正化の目標

平成17年度から平成21年度までの5年間で職員数(基準:平成16年4月1日〔309名〕)の9%を削減し、目標定員を285名としています。
また、平成22年度までの目標定員は275名としています。
なお、前回の定員適正化計画においては、平成8年度から17年度までの10年間で、職員数(基準:平成8年4月1日〔348名〕)の11%を削減目標としていましたが、平成16年度で目標値〔309名〕を達成いたしました。


②定員適正化計画の進捗状況(各年4月1日現在)

  平成16年 平成17年 平成18年 平成19年 平成20年 平成21年 平成22年
目標数 309人 305人 300人 295人 290人 285人 275人
増減数   △4人 △9人 △14人 △19人 △24人 △34人
増減率   △1.3% △2.9% △4.5% △6.1% △7.8% △11.0%
職員数 309人 295人 294人 295人 280人 270人 267人
増減数 (基準) △14人 △15人 △14人  △29人 △39人 △42人
増減率   △4.5% △4.9% △4.5% △9.4% △12.6% △13.6%
(注)職員数には、教育長を含んでいます。


③定員管理目標を達成するための基本方針

ア 保育所の統合、公設民営化の推進
イ 民間委託の推進
ウ 公の施設の指定管理者制度の導入
エ 公務能率の一層の向上
(1)事務事業の見直し
(2)組織・機構の改革
(3)職員の資質・能力の向上、人材育成の推進