トップページ > 立山曼荼羅の里
立山曼荼羅の里
タイトル-立山曼荼羅の里
 立山信仰の拠点として栄えた立山町芦峅寺地区は、「立山博物館」が開館したことにあわせ、集落まるごと博物館構想により、平成7年に「立山曼荼羅(まんだら)の里」として整備されました。
立山博物館(展示館・遙望館・まんだら遊苑)を中心に、立山曼荼羅絵図をはじめ立山信仰の歴史、景観、生活を体験できる場所として広く親しまれています。
立山開山から1300年余。皆さんも是非おいでください。

エリア2
エリア3
エリア1

地図の3つのエリア内をクリックしていただくと
そのエリアの「拡大マップ」が表示されます。 国立立山少年自然の家