孫守りのツボ13「乳幼児の熱中症はどうしたら予防できるの?」

乳幼児は体温調節機能が未熟で、体に熱がこもりやすいために体温が上昇しやすく、また自分で水分補給や衣服の調節をできないため、熱中症になる危険性が高くなります。

 

そのため、大人が注意して、熱中症予防を心がけましょう!

 

○こまめに水分補給…汗をかいていなくてもこまめに水分をとりましょう。

 

○熱がこもらない涼しい服装…綿や麻など通気性・吸水性が良いものを選びましょう。

 強い日差しを遮るためにつば付きの帽子も活用しましょう。

 

○涼しい場所でこまめに休憩…乳幼児は大人に比べ地面の照り返しを受けて、暑い環境にいます。

 日陰や風通しのよいところでこまめに休憩しましょう。

 

○室内でも乳幼児の体調に注意する…熱がこもりやすい部屋の中でも熱中症は起きやすいです。

 簾やエアコン等で直射日光や温度を調節し、過ごしやすい環境を整えましょう!

■お問い合わせ先
健康係
所在地:〒930-0221 富山県中新川郡立山町前沢1169 立山町元気交流ステーション3階
TEL:076-463-0618   FAX:076-462-9011