立山町 消費生活情報サイト

消費生活メールマガジン

消費生活に関する情報をお伝えします。
新規に利用登録をされたいかたはこちら
利用登録を解除されたいかたはこちら
  次ページ次へ
■ 2015年6月22日(月) 11:38
 最近、町内の女性宅において、”役場の「ウチダ」、「サトウ」、「カトウ」”などと名乗る者からの電話があり、「医療費の還付金があります。まだ手続していない方に連絡をしています。」などといい、還付先の金融機関のATMに行くよう指示する不審な電話がありました。
 県内では、日本年金機構の情報流出に伴う不審な電話も報告されています。
 役場や日本年金機構からは、ATMに誘導するような電話をかけることは決してありません。「流出した個人情報を削除する」、「現金を要求する」、「ATMで医療費や年金を還付する」等の不審な電話には十分注意しましょう。

 「おや?これは...」と思ったら、お気軽に役場消費生活相談窓口(電話番号 462-9915)又は最寄りの警察署、交番等へご相談ください!
■ 2015年5月18日(月) 09:56
 最近、町内の高齢者宅において、以下のような事案が発生しました。

 見知らぬ業者が「現在使用されている布団の湿気取りパットの点検にきた。」と訪問し、商品を点検した上で、「もう使えない状態だ。」などと、言葉巧みに強く購入を勧めたため、新品の商品を135万円で契約してしまった。

 これは、一人暮らしの高齢者宅に訪問し、以前販売した商品を点検すると称し、不安をあおり、新たに商品を次々と売りつける「次々販売」の手口です。

 高齢者宅に見知らぬ人や車の出入りがないかなど、家族や近所、地域での見守りが非常に大切になります。

○トラブルがあったときは、一人で悩まないで!
「立山町消費生活相談(電話 076-462-9915)」までご連絡ください。
■ 2014年12月5日(金) 16:06
最近保健所や役場職員を名乗る者から、「高額医療費などの払い戻し金がある。封筒がとどいてないか。手続きのため今から銀行に行ってほしい」、などとの連絡が町内の高齢者宅に電話で連絡が入っています。
これはいわゆる還付金詐欺であり、役場や保健所などから還付金の電話連絡や手続きの誘導を行うことは絶対にありません。
これらの電話がかかってきたときはすぐに電話を切り、役場(рS63−1121)か警察にご連絡ください。
■ 2014年3月14日(金) 09:30
消費生活相談には様々な相談が寄せられます。その中の一つに
「デート商法」によるものがあります。これは、販売目的を隠
して異性に対する恋愛感情や好意を利用し、電話やメール等で
店舗や事務所に呼び出して契約させるものです。見知らぬ人か
らの呼び出しや誘いに応じることは危険です。万が一誘いに応
じて契約してしまった場合には、一人で悩まず、家族や警察、
最寄りの消費生活相談窓口(立山町消費生活相談:076‐
462‐9915)等に相談しましょう。
■ 2014年2月28日(金) 09:20
県内において件名の特殊詐欺(振り込め詐欺、もうかるちゃ詐欺、たのんちゃ詐欺等の総称)の被害にあわれる方が増加傾向にあり、特に高齢者の方で被害にあわれる方が多くなっています。
詐欺被害にあわない為に、@安易なもうけ話には耳を貸さない、
A振込を求められた時は、振り込む前に、家族や警察、最寄りの消費生活相談窓口(立山町消費生活相談:電話076−462−9915)等に相談するなど、あわてずに対応しましょう。
■ 2013年6月24日(月) 09:52
不審な電話にご注意!
最近、役場職員を名乗る者からの不審な電話が立山町でも発生しています。
「医療費の払戻金がある。ATMで手続きが必要なため、携帯電話の番号を教えてほしい。」「還付金があるので、手続きには、身分証明書と銀行口座番号が必要である。」などといった内容で電話をしてきます。
役場から払戻金があったとしても、ATMの操作による手続きは絶対ありません。また、口座番号などは電話ではなく、必ず書面でお問い合わせをします。
このように役場職員を名乗る者から、還付金があるなどの電話がかかってきた場合は、相手の指定した電話番号には電話をかけず、立山町役場の電話番号(代表電話076−463−1121)へ電話をかけるなどして再確認し、詐欺被害などに遭わないよう気をつけてください。
また、トラブルがあったら、一人で悩まないで立山町消費生活相談(電話076−462−9915)へ連絡ください。
■ 2013年4月8日(月) 11:46
海外から届いた賞金当選資格獲得のDM(ダイレクトメール)に注意!立山町でも、「海外から賞金当選資格獲得のDMが届いた」と相談がありました。
「賞金当選のための資格を取得!」「賞金に当選した!」等と、宝くじ等に当選したかのようなDMが海外から突然届き、1週間以内に手続きをしないと権利を失う、賞金を受け取るための申込み金などの名目で至急お金を送るようにと記載してありました。
海外の宝くじは当選結果の確認方法が不明で不審な点が多く、日本国内で海外の宝くじを買うことは違法となる可能性があります。
申し込んでもいないのに「当選した!」「候補者に選ばれた!」等の甘い話に乗らないことが大切です。一度でも申し込むと、個人情報が流出し、色々な業者からDMが届く恐れがあります。
トラブルがあったら、一人で悩まないで
立山町消費生活相談(電話076−462−9915)へ連絡ください。
 
■ 2013年2月27日(水) 14:33
健康食品の電話勧誘に注意!

 最近、立山町でも「以前お申し込みをいただいた健康食品を今から送ります」と電話があり、「申し込んだ覚えがない」と断ったのに強引に送りつけられた。又は「送りつけられそうだ」との相談がありました。
 購入するつもりがなければ、きっぱりと断りましょう。もし、暴言をはかれたり、脅かされた場合は、警察か消費生活相談窓口に相談ください。
 また、「血液がサラサラになる」「血圧が下がる」などと、あたかも病気が治るかのような説明がされていますが、健康食品は病気の人に向けたものではないので、病気の治療目的で健康食品を利用しないようにしましょう。
 困ったときはすぐに、役場住民課内消費生活相談窓口(076−462−9915)へ連絡してください。
■ 2012年10月18日(木) 16:27
「買え買え詐欺」にご注意!
国民生活センターでは、下記の例のような劇場型勧誘による詐欺的儲け話のトラブルが、高齢者を中心に増加していることから、注意を呼びかけています。
<事例>消費者の自宅にA社のパンフレットや申込書が封筒で発送される。勧誘業者であるB社から「販売業者A社の封筒がとどいてないか。A社が販売している権利(未公開株、社債、外国通貨取引など)は、大変価値があるが、封筒が届いた個人にしか購入できない。代わりに買ってくれれば、権利を高く買い取る」または、「代理で購入して欲しい。謝礼を支払う。」と電話で消費者に勧誘し契約をあおる。
○問題点
1.詐欺的儲け話に用いられる商品には様々なものが登場し、怪しい権利取引(最近では医療機関債、介護施設の権利債など)の手口が巧妙化している。
2.「名義を貸すだけだから」と軽い気持ちで「名義貸し」を承諾させ、やめようとすると「刑事事件になる」など不安をあおり、多額の現金を振り込ませようとします。
3.自宅を担保に借金までさせて購入を強要し、全財産を奪い取ろうとする。
○消費者へのアドバイス
1.自分が持っていない金融商品や権利について、買い取るから利益になるなどと他社と契約をさせようとする話には絶対耳を貸さない。
2.「名義を貸す」ことは自分が契約の当事者となることであり、十分に注意する。
3.絶対にお金を渡さず、すぐに消費生活センター等の相談窓口に相談する。
■ 2012年8月8日(水) 13:07
消費者庁では死亡者数が多い「窒息事故」のうち、食べ物が誤って気管内に入る事故が最も多いと発表しています。こうした食べ物による事故の死亡者は高齢者が大半を占めますが、乳幼児も毎年20人以上が亡くなっています。食べ物での窒息事故を起こさないよう予防と応急手当ての方法を知っておくことが大切です。
<食べ物による窒息事故を予防するために>
1.乳幼児の食品に表示されている月齢などは目安であり、食べる機能の発達には個人差があることも考慮して食品を選ぶ。
2.ピーナッツなどの豆類は、誤って気管に入りやすいため、3歳ごろまでは食べさせない。
3.介護を要する方などは、流動食に近い食べ物でも喉に詰まらせることがあるため、食事の際は目を離さない。
<応急手当ての方法>
傷病者が咳をすることが可能であれば、できるだけ咳を続けさせます。咳をすることが異物除去に最も効果的です。
@腹部突き上げ法
1.傷病者を後ろから抱えるように腕を回します。
2.片手で握りこぶしを作り、その親指側を傷病者のへそより上で、みぞおちの下方に当てます。
3.その手をもう一方の手で包むように握り、すばやく手前上方に向かって圧迫するように突き上げます。
A背部叩打法
1.背中をたたきやすいよう傷病者の横に回ります。
2.手の付け根で肩甲骨の間を力強く何度も連続して叩きます。
<ポイント>
1.妊婦や乳幼児には@の腹部突き上げ法は行ってはいけません。処置をする場合はAの背部叩打法のみを行ってください。
2.横になって自力で起き上がれない傷病者にはAの背部叩打法を行います。
3.@の腹部突き上げ法を行った場合は、腹部の内臓を痛めている可能性があるので、実施したことを到着した救急隊に伝えてください。また119番通報前に異物がとれた場合も、医師の診断を受けてください。