お知らせ

こども医療費助成(ピンクの用紙)の利用範囲が拡大します

更新日:2017年5月1日

こども福祉医療費請求書(ピンクの用紙)が以下の病院で利用できるようになります 

平成29年4月診療分より、未就学児のお子さまの福祉医療費請求書(ピンクの用紙)が、以下の3つの病院で使えるようになります。

・富山県立中央病院
・富山県リハビリテーション病院・こども支援センター
・富山市立富山市民病院

 ご注意ください!
 上記の院外処方せんにより薬局で薬を受け取る場合、中新川郡外の薬局ではピンクの用紙は利用できません
 中新川郡外の薬局を利用する場合は、いったん窓口でお支払いいただき償還払いの申請を行ってください。


 ※ 非紹介患者加算額(紹介状無しの大病院受診時負担額)や入院時の食事療養費、部屋代など、保険適用対象外の部分は自己負担となります。
 ※ 入院等で医療費が高額になる場合は、「限度額適用認定証」をあわせて提示してください。限度額適用認定証の申請については、加入先の健康保険組合にお問い合わせください。


参考:こども医療費助成制度

お問い合わせ

住民課  福祉給付係(福祉医療・児童手当・後期高齢・給付金)

所在地 〒930-0292 中新川郡立山町前沢2440
TEL 076-462-9940

「母と子の医療費助成」に関する情報