お知らせ

福祉医療費請求書の提出が不要になります!

更新日:2019年1月28日

乳幼児、妊産婦、ひとり親家庭、心身障害者等の医療費助成を受ける方は、
平成31年4月診療分から福祉医療費請求書が提出不要となり、受診の際に
保険証と受給資格証を提示することで、これまでどおり助成が受けられます。
新しい受給資格証は3月下旬に送付する予定です。

〇対象となる制度 

 乳幼児(ピンク色)、妊産婦(ピンク色)、ひとり親家庭(緑色)
 障T(青色)、障U(黄色)

 ※( )は現在お使いの福祉医療費請求書の紙の色です。
 ※一部負担金還付を除きます。
 

〇開始時期

 平成31年4月
 ※平成31年3月までの診療については、福祉医療費請求書を使用してください。

〇変更点

現行   平成31年4月〜
・保険証の提示
・受給資格証の提示
・福祉医療費請求書の提出
・保険証の提示
・受給資格証の提示

 

※なお、現物給付を受けられる医療機関等はこれまでと変更はありません。

対象者 助成内容
・乳児
・妊産婦
・障T、障U
・ひとり親
現物給付 富山県内の医療機関と調剤薬局
償還払い 富山県外の医療機関と調剤薬局
・1歳児〜
 中学3年生
現物給付 中新川郡、富山市、滑川市内の
医療機関と調剤薬局
償還払い 上記以外

※現物給付とは、保険証と受給資格証を医療機関等の窓口に提示することで、
 保険診療の自己負担分を窓口で負担する必要がなくなります。

※償還払いとは、医療機関等で支払った医療費の領収書を役場窓口に提出する
 ことで、後日ご指定の口座に振り込みます。

お問い合わせ

住民課  福祉給付係(福祉医療・児童手当・給付金)

所在地 〒930-0292 中新川郡立山町前沢2440
TEL 076-462-9940

「医療費の助成」に関する情報

お知らせ