よくある質問

鳥インフルエンザとは?

農林水産業
ご質問
鳥インフルエンザについて教えてください。
掲載日:2015年6月19日
回答
 鳥インフルエンザとは鳥類がA型インフルエンザウイルスに感染して起こる病気です。A型インフルエンザウイルスに感染して発病する鳥類は、鶏や七面鳥等の家禽が主で、野鳥での発病は希です。鳥類に感染するA型インフルエンザウイルスを総称して鳥インフルエンザウイルスといいます。(H5あるいはH7亜型以外の弱毒な鳥インフルエンザウイルスの感染)
 鳥インフルエンザのうち、感染を受けた鳥類が死亡し、全身症状などの特に強い病原性を示すものを「高病原性鳥インフルエンザ」(H5あるいはH7亜型ウィルスの感染で強毒)と呼びます。高病原性鳥インフルエンザの感染では、感染した鶏の大半が死亡するなど大きな被害が出たり、軽い場合で無症状あるいは軽い呼吸器症状や産卵率の低下を示したりします。

 通常の生活では、鳥インフルエンザに人が感染する心配はありません。東南アジアでは病鶏の糞や内臓に触れて、人の体内に大量のウイルスが入ってしまった場合に、ごく稀に感染することが報告されています。日本では、この病気にかかった鶏は徹底的に処分されており心配ありません。また、鶏肉・鶏卵を食べて人が鳥インフルエンザに感染することはありません。

 もし、鳥の死骸を発見しても、原因不明のまま鳥が次々に連続して死んでしまうということがない限り、特に鳥インフルエンザの心配はありません。単羽の死骸については、通常の死骸である場合が多いと考えられます。
 同種類で複数羽の死骸の場合、鳥インフルエンザによる可能性があります。その場合、立山町役場農林課か富山県東部家畜保健衛生所(TEL076-479-1106)へご連絡いただきますようお願い致します。

※同種類で複数羽の鳥の死骸を発見された場合、死骸に素手でふれないようにご注意願います。

お問い合わせ

農林課 農林課 農政係

所在地 〒930-0292 富山県中新川郡立山町前沢2440
TEL 076-462-9973