くらしの情報

水道管の凍結対策について

更新日:2018年12月14日

 
 気温がマイナス4℃以下になると、防寒の不完全な水道管は凍ったり破裂したりします。
 水道管のむき出し部分、また、北側や風当たりの強い場所にある場合は特にご注意ください。
 宅内、メーター器周辺の漏水にかかる費用は自己負担となります。漏水には十分注意し、早期発見、早期修理を心がけてください。

・凍結を防止する方法

 水道管を凍結から守るためには、保温材、または使い古しの毛布や布などを巻いて保温してください。特に蛇口は上まで完全に保温してください。
 このような対策を講じることが出来ない場合は、蛇口から割り箸1本分(直径2〜3mm)程の水を出しておく方法でも凍結を防止できます。
 (※凍結防止のために出した水にも料金がかかります。出した水は浴槽やバケツ等に溜めるようにして有効活用することをお勧めします。)

 また、長期間家を留守にする人や、空き家を所有している人などは、メーターボックス内の止水栓を閉め、水抜きをしてください

・水抜きについて

 水抜きとは、散水栓や低い位置にある蛇口等を開いて、水道管の中の水を抜くことです。

水抜きの手順
 @止水栓を閉める。
 A散水栓等よりも高い位置にある蛇口を開ける※。
 B散水栓等を開けて水を全て出す。
 ※Aを行うことにより、空気の入り口ができるので、散水栓等からスムーズに水が出て来ます。

・水道が凍って出ないとき

 タオルをかぶせ、その上からゆっくりとぬるま湯をかけて溶かします。熱湯をかけると破裂やヒビ割れすることがありますので、ご注意ください。

・水道管が破損した場合

 万が一破損した場合は、速やかに立山町給水装置工事事業者(指定工事店)までご連絡ください。
 

お問い合わせ

水道課 水道管理係

所在地 〒930-0292 富山県中新川郡立山町前沢2440
TEL 076-462-9960