くらしの情報

町のアスベスト対策について

更新日:2008年8月20日

立山町のアスベスト対策について

 最近、肺がんや中皮腫(ちゅうひしゅ)などアスベスト(石綿)が原因と見られる健康被害が全国で報告されています。町でもアスベストの使用状況等について調査を実施いたしました。

■町有施設のアスベスト調査について

 町有施設(小・中学校及び福祉施設等を含む)について、劣化等により比較的飛散しやすいといわれる吹付けアスベスト等の使用について、設計図書や目視などの方法で調査を実施しました。

○アスベスト含有率1%以上の吹付けアスベスト使用が確認された施設.・・・・5施設(6か所)
場所 対応
立山中央小学校学童保育室  シーリング工法による封じ込め工事完了(H17.8.8)
立山中央小学校体育館内放送室 放送器具を移設し、立ち入り禁止措置
東谷分団詰所 平成14年改修工事で囲い込み工事
五百石保育所機械室 撤去工事完了(H18.2.7)
消防署機械室 撤去工事完了(H18.2.25)
町民体育館天井 撤去工事完了(H18.3.30)
※現在検査中の物も含め、新たに危険箇所が判明すれば、その都度適切に対処します。

○水道管のアスベスト使用について

 町ホームページ水道事業所のお知らせをご覧ください。

■アスベストに関する健康相談について

 アスベスト(石綿)が体に取り込まれることによる肺がん・中皮腫(ちゅうひしゅ)の発症について、健康不安や健康被害に関する相談窓口が設置されています。
 県では、各厚生センターに相談窓口を設置し、富山労災病院ではアスベスト疾患センターが設置されました。
 町でも、保健センターで情報の提供や相談を行っています。

■相談・問い合わせ窓口
内容
問合せ先
電話番号
・町有施設のアスベスト使用などの問合せについて それぞれの所管課
463−1121
・健康に関する問合せについて 保健センター 463−0618


■その他
 ※県でも、下記の窓口が設置されております。
  くわしくは、県のホームページ…『石綿(アスベスト)対策について』をご覧ください。
 
 ※経済産業省、厚生労働省からも情報が提供されています。
内容
問合せ先
電話番号
・アスベストに関する健康相談 富山県中部厚生センター 472−1234
・建物にアスベストが使用されているかについての分析の相談 (社)富山県計量協会 422−1962
・大気中のアスベスト飛散防止に関すること 富山県環境保全課(大気保全係) 444−3145
・アスベストを扱う業務等に従事した方の健康相談 富山労災病院 0765−22−1280

・アスベスト含有の家庭用品の実態把握調査 経済産業省ホームページ
・アスベスト情報(健康被害関係) 厚生労働省ホームページ

■アスベスト(石綿)とは?
 アスベスト(石綿)は、天然に産する繊維状けい酸塩鉱物で「せきめん」「いしわた」と呼ばれています。
 その繊維が極めて細いため、研磨機、切断機などの施設での使用や飛散しやすい吹付けアスベストなどの除去等において所要の措置を行わないとアスベストが飛散して人が吸入してしまうおそれがあります。以前はビル等の建築工事において、保温断熱の目的でアスベストを吹き付ける作業が行われていましたが、昭和50年に原則禁止されました。
 その後も、スレート材、ブレーキライニングやブレーキパッド、防音材、断熱材、保温材などで使用されましたが、現在では、原則として製造等が禁止されています。
 アスベストは、そこにあること自体が直ちに問題なのではなく、飛び散ること、吸い込むことが問題となるため、労働安全衛生法や大気汚染防止法、廃棄物の処理及び清掃に関する法律などで予防や飛散防止等が図られています。

お問い合わせ

担当各課

所在地 〒930-0292 立山町前沢2440
TEL 076-463-1121