くらしの情報

後期高齢者医療保険料について

更新日:2017年4月1日

 

 

保険料

 

 

一人ひとりが平等に負担する

 

 

所得に応じて負担する

【均等割額】

【所得割額】

(年額57万円を限度) 

43,800円  *1 

所得*2×8.6% 

   保険料は、被保険者が等しく負担する「均等割額」と被保険者の所得に応じて負担する「所得割額」を合計した金額になります。
※公的年金収入のみの方で、年金額が153万円以下の場合は、所得割額はかかりません。

*1 2年ごとに富山県後期高齢者医療広域連合が決めます。
*2 所得=収入額−必要経費(公的年金等控除額や給与控除額など)−33万円
※ 所得等により、保険料軽減の対象となる場合があります。

 

2.保険料の軽減措置について

@均等割額の軽減措置

軽減割合 被保険者および世帯主の総所得金額等 均等割額

9割軽減

8.5割軽減される世帯のうち、
被保険者全員が年金収入80万円以下
(その他各種所得がない場合)

4,380円

8.5割軽減


基礎控除額(33万円)以下

6,570円

5割軽減

基礎控除額(33万円)+
27万円×被保険者数 以下

21,900円

2割軽減

基礎控除額(33万円)+
49万円×被保険者数 以下

35,040円


 

 ここでいう所得とは、収入額から必要経費(公的年金等控除額や給与所得控除額など)を差し引いた金額です。
   また、65歳以上の方の公的年金収入の場合は、さらにそこから15万円減額した金額が軽減判定の際の所得となります。



A後期高齢者医療制度に加入する前日まで被用者保険の被扶養者であった方への軽減措置

 後期高齢者医療制度に加入した日の前日に、会社の健康保険などの被扶養者であった人は、保険料の所得割額の負担はなく、均等割額が7割軽減されます。

※被用者保険の被扶養者であったことの確認は、原則として被用者保険の保険者からの通知により行いますが、被用者保険の被扶養者本人からの資格喪失の事実を申し受けて減額賦課を行う機会もありますので、保険料の通知を受けられた際にはご確認ください。



B所得割額の軽減措置

   保険料の賦課のもととなる所得金額が58万円以下の方については、所得割額が2割軽減されます。(年金収入のみの方の場合、その収入が211万円以下の方が対象となります。)




3.保険料の納め方

   保険料は原則として、年金から引き落としされる「特別徴収」と、口座振替や納付書などで納める「普通徴収」の2つの方法があります。

【特別徴収】 ・年金から引き落としされます。
・年額18万円以上の年金受給者が対象となります。 ただし、後期高齢者医療保険料と介護保険料の合計額が、年金受給額の2分の1を超える場合は、対象となりません。
【普通徴収】

・納付書や口座振替で各自納めます。
・特別徴収の対象とならない方は、町から送られてくる納付書や口座振替等により納めます。
※ 特別徴収に切り替わるまでの間、普通徴収になります。新たに加入された方や転入された方などはすぐに特別徴収とはなりませんのでご了承ください。

※これまで国民健康保険税で口座振替を利用されていても、後期高齢者医療保険料は振替されません。引き続き口座振替をご希望の方は、あらためて口座振替依頼書の提出をお願いします。

※ 希望により年金からの引き落とし、または口座振替のどちらかを選択できるようになりました。 口座振替をご希望の方は、役場税務課住民税係まで申し出てください。



4.保険料を滞納したとき

   特別な理由がなく保険料を滞納したときには、通常の保険証より有効期間の短い短期被保険者証を交付されることがあります。また、特別な理由がなく滞納が1年以上続いた場合には保険証の返還を求められ、資格証明書が交付されることもあります。 資格証明書で医療機関にかかるときには医療費がいったん全額自己負担になります。
   このようなことにならないよう保険料は納期内にきちんと納めましょう。

お問い合わせ

税務課 住民税係

所在地 〒930-0292 富山県中新川郡立山町前沢2440
TEL 076-462-9952

「後期高齢者医療制度(料金について)」に関する情報

よくあるご意見・ご質問