くらしの情報

ハチの巣をみつけたら

更新日:2015年8月7日

ハチの巣をみつけたら

ハチは8月から11月が最も攻撃的で、威嚇的です。
刺されることでショック死をまねくこともあり、大変危険です。
庭木の枝切り、水やり、農作業、ハイキングなどの際には、
ハチの巣がないか確認してから行いましょう。 

 ★ハチに刺されないために

・香水や整髪料は使用しない

・黒いものを身につけない

・急な動きをしないように気をつける

★ハチが家の中、車の中に入ってきた場合の対処法

ハチは明るい方へ向かう習性があります。窓を開けてハチが出て行くのを
静かに待ちましょう。 死んだように見えても刺すことがあるので、死骸を
処理する場合は直接触らないようにしてください。  

★ハチの巣を、うっかり刺激してしまった場合の対処法

ハチが、「カチカチ」という音を立てながらまとわりついてきた場合は、
「巣があるぞ!近づくな!」という警告です。パニック状態になって騒
ぐと、巣の中にいたハチも興奮して、外に飛び出して襲ってきます。
大声を出さず、速やかにその場所を去りましょう。ある程度巣から
離れると襲うのを止めます。  

★ハチに刺されたら(応急処置)

@速やかに巣から遠ざかる。

A患部を流水でよく洗い流し、水や保冷剤で傷口を冷やす。

(針が刺さっている場合は抜きます。)

B抗ヒスタミン軟膏を塗り、冷湿布をします。

※重症の場合(ひどくはれる、じんましん、めまい、吐き気、息苦しさなど)は、
速やかにに医療機関で手当を受けてください。
※刺された場合は自己判断せず、医療機関にご相談ください。

 

★ハチの巣の撤去

立山町では、ハチの巣の撤去は行っていません。
シロアリや害虫駆除等の専門業者に
依頼していただきますようお願い致します。

 

 

「害虫・ねずみ駆除・草刈」に関する情報