くらしの情報

猫に関する苦情が増えています

更新日:2014年9月22日

野良猫に餌を与えたり、面倒を見切れないほど多くの猫を飼っていませんか?

 猫に関する多くの苦情や相談が増えています。猫は飼い主の心がけしだいで、人から愛されたり、嫌われたりします。あなたの気付かない所でご近所に迷惑をかけているかもしれません。もう一度、猫の習性や飼い方のマナーを考えてみてください。

猫の飼い主様へ

猫は室内で飼いましょう

 猫にとって家の中はもっとも安全ななわばりです。 適切な環境を用意すれば、猫は外に出さなくても家の中だけで十分満足することができます。
 完全室内飼いは、ご近所への迷惑を防止するだけでなく、交通事故や、他の猫との接触による病気やノミの感染を防ぐなど、人にとっても猫にとってもさまざまなメリットがあります。

不妊去勢手術を行いましょう

 メス猫は年に2〜3回発情・出産します。一度の出産で産まれる子ねこは5〜6頭です。何もしなければ猫はあっという間に増え、面倒を見切れない状態になります。
 不妊手術を行うことは望まない妊娠を防ぐだけでなく、猫の性ホルモンに関係する病気の予防にもつながります。また、発情期の大きな鳴き声がなくなる、オスの尿の臭いが薄くなる、性格が穏やかになるなど、近所トラブルを回避することもできます。

最期まで責任を持ちましょう

 飼い猫の平均寿命は15〜16歳といわれています。飼い始めたら終生飼うことが飼い主の責任です。家族の一員として、愛情を持って飼いましょう。

迷子札をつけましょう

 首輪などの身元の分かる表示を着けたり、飼い主の分かる電子情報の入ったマイクロチップを装着しておきましょう。室内飼いであっても不意に外に飛び出してしまう場合もあります。迷子になったときや災害時、交通事故にあったとき等の身元確認に役立ちます。

野良猫の餌やりにも責任を持ちましょう

 お腹をすかせた野良猫を見るに見かねて、餌をやる人はたくさんいます。しかし、餌を与え続けると、周辺が糞尿で汚される、繁殖が容易になり猫が増える、猫の健康管理ができなくなる、伝染病が蔓延する、等の問題が発生します。これは果たして猫にとって本当に幸せなことなのでしょうか。
 かわいそうな猫を救いたいのなら、まずは不妊去勢手術を行いましょう。そして、猫だけでなく、近隣住民にも気を配り、最後まで責任を持って飼育しましょう。

 

☆.。:・★.。:*・☆.。:*☆.。:*・★.。:*・☆.。☆.。:*・★.。:*・☆.。:*☆.。:*・★.。:*☆.。:・★.。:*・☆.。:*☆.。:*・★.。:*・☆.。☆.。:*・★

ねこと人が共に生活するうえで、ねこの生態・習性を知ることはとても大切なことです。間違った飼い方やトラブルを回避するためにも、正しい知識を身につけましょう。

犬猫に関するお問い合わせ

◆富山県動物管理センター

〒930-0275 富山県中新川郡立山町利田
TEL 076-462-3467

◆富山県中部厚生センター

〒930-0355 中新川郡上市町横法音寺40
TEL 076-472-1234

お問い合わせ

住民課  住民課 環境・地域安全係

所在地 〒930-0292 富山県中新川郡立山町前沢2440
TEL 076-462-9963