くらしの情報

町・県民税の申告について

更新日:2015年12月22日

1.町・県民税(住民税)の申告について

 町・県民税(住民税)は、前年の所得(1月から12月まで)に対してその翌年に課税されます。平成28年1月1日(賦課期日)現在、立山町に住んでいる方は平成28年2月1日(月)〜3月16(水)までに立山町役場へ前年の所得を申告してください。
 ただし、所得税の確定申告をされる方は、町・県民税の申告は必要ありませ
ん。

2.申告が必要な方

 平成28年1月1日(賦課期日)に立山町に住んでいる方で平成27年1月から12月までの期間に次のような所得のあった方や、所得控除を受けようとする方。
 (1)営業・農業・不動産・配当などの所得のあった方
 (2)パート・アルバイト等、給与所得のあった方で、勤務先から立山町へ「給与支払報告書」の提出がない方
 (3)給与所得者で給与所得以外の所得が20万円以下の方(確定申告の必要はありませんが、町・県民税の申告は必要です。)
 (4)公的年金等の収入金額が400万円以下で、かつ、公的年金等の以外の所得金額が20万円以下の方(確定申告の必要はありませんが、町・県民税の申告は必要です。)
 (5)各種所得控除を受ける方
 (6)所得がなく、所得税の配偶者・扶養控除の対象になっていない方

3.申告をしなくてもよい方

 (1)所得税の確定申告を税務署に提出する方
 (2)平成27年中(1月から12月)の収入が給与所得のみで、勤務先から立山町へ「給与支払報告書」が提出されている方
 (3)平成27年中(1月から12月)の収入が公的年金収入のみで、年金支払者から立山町へ「公的年金等支払報告書」が提出されている方
 (4)町内に住所がある人の扶養家族で所得がない方

4.申告に必要なもの

 町・県民税の申告をされる場合は以下の書類等をご準備ください。
 (1)印鑑(認印可)
 (2)源泉徴収票(給与所得者、公的年金等受給者)の原本
 (3)事業所得(営業、農業、不動産)の収支内訳書
 (4)所得控除を受ける場合はその証明書等
   ・医療費控除           ・・・医療費の領収書(事前に集計願います)
   ・社会保険料控除              ・・・各種社会保険料の支払金額が分かる書類
   ・生命保険・地震保険料控除 ・・・保険会社発行の控除証明書
  

お問い合わせ

税務課 住民税係

所在地 〒930-0292 富山県中新川郡立山町前沢2440
TEL 076-462-9952