くらしの情報

不妊治療費の助成について

更新日:2016年3月31日

対象者 町に住所を有し、居住している夫婦
〔特定不妊治療〕指定医療機関において治療を受けていること
〔男性不妊治療〕指定医療機関又は指定医療機関から紹介等を受けた医療機関での治療
助成内容 平成27年度までに町の助成を受けたことがある方 初めて申請する方
40歳未満の方
  町の通算助成回数に制限はありません
40〜42歳の方
ア.40歳未満で初めて助成を受けた方
●町の通算助成回数は6回まで
イ.40歳以上で初めて助成を受けた方
●町の通算助成回数は3回まで
40歳以上の方
43歳未満の方まで助成を受けることができます。
●町の通算助成回数は3回まで
43歳以上の方  
 助成の対象となりません。
  
*年齢:助成を受けようとする治療の開始日における妻の年齢
助成金額 【特定不妊治療】1回の治療につき15万円を限度に年2回まで
*ただし、治療方法により助成金額は異なる。

【男性不妊治療】1回の治療につき15万円まで
*ただし、保険診療外の治療に限る。
留意点:凍結された精子の管理料(凍結にかかる初期費用は対象)、入院費、病衣費、食事代、文書料は助成対象外。
申請方法 医療機関窓口で治療費を支払い、治療終了後、必要書類を持って立山町保健センターへ申請してください。
*富山県特定不妊治療費助成事業も受けられる方は、先に富山県の手続きを行ってください。
申請に必要なもの ・領収書(レシートは不可。治療を受けた人の氏名が記載されているもの)
・印鑑(シャチハタ不可)
・本人の健康保険証
・通帳(口座が分かるもの)
  ※助成を受けられる夫婦以外の通帳に振り込む場合は委任状が必要

富山県特定不妊治療費助成事業も受けられる方
*上記に追加し、下記のものも必要になります。
・富山県特定不妊治療費助成事業受診証明書の写し又は富山県男性不妊治療費助成事業受診証明書の写し
・領収書には「中部厚生センター確認済み」の押印があるもの
様式第1号:立山町特定不妊治療費助成金交付申請書
様式第2号:立山町男性不妊治療費助成金交付申請書

立山町のみの助成を受けられる方
*医師の証明が入った申請書が必要となります。
様式第3号:立山町特定不妊治療費助成金交付申請書
様式第4号:立山町男性不妊治療費助成金交付申請書
申請期限 治療が終了した日の属する年度の末日(3月31日)
*年度の末日までに申請できない場合は3月31日までにご連絡下さい。

資料

お問い合わせ

健康福祉課 保健センター

所在地 〒930-0221 富山県中新川郡立山町前沢1169 立山町元気交流ステーション3階
TEL 076-463-0618
FAX 076-462-9011