くらしの情報

障害をもっている方等の医療費助成

更新日:2017年11月2日

町では、障害をもっている方の健康の維持と医療費の負担を軽減するため、医療費の助成を行っています。

 ◎対象者の世帯の合計所得金額が1,000万円未満の方が対象です。

対象者


助成内容・方法
 

年齢

障害

65歳未満
       

身体障害者手帳
1・2級

療育手帳A
       

【助成内容】
 医療費の自己負担分を全額助成


【助成方法】
 富山県内・・・現物給付
 富山県外・・・償還払い

65〜69歳 

身体障害者手帳
4級の一部・5・6級

療育手帳B

【助成内容】
 <一般所得者>
  ・医療費の自己負担の1割を助成
  (平成26年7月診療分まで自己負担の
   2割を助成)

 <現役並み所得者>
  ・医療費助成はなし
   ただし、高額な医療費がかかった場合、
   助成額が発生する場合がありますので、
   詳しくはお問い合せください。

【助成方法】
 富山県内・・・現物給付
 富山県外・・・償還払い

65歳以上 
(65〜74歳までの方
 は任意)

★後期高齢者医療
 被保険者であること
 
 

  重 度  
身体障害者手帳
1・2級

療育手帳A

精神障害者保健
福祉手帳1級

障害年金1級 

【助成内容】
 医療費の自己負担分を全額助成 


【助成方法】 
 償還払い



                       

  中 度  
身体障害者手帳3・4級の一部

精神障害者保健
福祉手帳2級

障害年金2級

【助成内容】
 <一般所得者>
  ・医療費の自己負担分を全額助成

 <現役並み所得者>
  ・自己負担額から総医療費の1割を控除した額
   を助成

【助成方法】 
 償還払い  

高校1年生に該当する15歳から65歳未満 
(平成26年9月診療
 までは65歳未満)

療育手帳B  

【助成内容】
 医療費の自己負担から総医療費の2割を控除した
 額を助成
(平成26年9月診療分までは自己負担から総医療
 費の1割を控除した額を助成)

 ただし、助成額は一か月当たり2,000円が上限

【助成方法】
 償還払い


  現物給付とは、医療機関等に受診する際に被保険者証、受給資格証、福祉医療費請求書を提出する
  ことで、医療機関等への支払いが不要もしくは、助成後の自己負担額になることです。

  償還払いとは、医療機関等へ支払い後、助成額を町に請求し、後日ご指定の口座に振り込まれるこ
  とです。
   <手続きに必要なもの>
    医療機関等で発行の領収書、保険証、認印、預金通帳(ゆうちょ銀行除く)

お問い合わせ

住民課  福祉給付係(福祉医療・児童手当・後期高齢・給付金)

所在地 〒930-0292 中新川郡立山町前沢2440
TEL 076-462-9940