くらしの情報

児童扶養手当とは

更新日:2017年11月14日

児童扶養手当とは、父母の離婚などにより父親または母親と生計をともにしていない児童が育成される家庭や、父親または母親が身体などに重度の障害がある家庭、父母にかわって児童を養育している方に対し、児童の健やかな成長を願って支給される手当です。

※平成26年12月から公的年金の年金額が児童扶養手当額より低い場合は、差額分の児童扶養手当を受給できるようになりました。

平成28年1月1日より、児童扶養手当の申請に個人番号(マイナンバー)の記入及び本人確認が必要になります。

対象となる方

次の条件にあてはまる、18歳に達する日以後、最初の3月31日までの児童を、「監護している母」、「監護し生計を同じくする父」、「父母にかわってその児童を養育している方(養育者)」が対象となります。なお、児童が心身におおむね中度以上の障害がある場合は、20歳未満まで手当を受けることができます。

1.父母が婚姻を解消した児童

2.母(父)が死亡した児童

3.母(父)が重度の障害の状態にある児童

4.母(父)の生死が明らかでない児童

5.母(父)に引き続き1年以上遺棄されている児童

6.母(父)がDV防止法に基づく保護命令(母(父)の申立により発せられたものに限る)を受けた児童

7.その他(母(父)が1年以上拘禁されている児童、母が婚姻によらないで懐胎した児童など)

児童扶養手当の支給額

ご家庭の所得の状況により、支給額が減額される場合があります。 

区 分月 額(対象児童が1人の場合)
全部支給 42,290円
一部支給 42,280円〜9,980円(所得額に応じて決定されます。)  
支給停止 所得が一定以上のご家庭には支給されません。

※平成29年4月分から額が改定されました。

児童が2人の場合は、上記金額に9,990円〜5,000円の加算、3人目以降は更に1人につき5,990円〜3,000円ずつ加算されます。(所得額に応じて決定されます。)

支給の手続き

住民課 福祉給付係(役場1階G番窓口)で申請(認定請求)の手続きをしてください。本人と児童の戸籍謄本(抄本)、個人番号カード(通知カード)などが必要になります。

 

 

お問い合わせ

住民課  福祉給付係(福祉医療・児童手当・後期高齢・給付金)

所在地 〒930-0292 中新川郡立山町前沢2440
TEL 076-462-9940