くらしの情報

町長交際費支出基準

更新日:2010年10月18日

 町長交際費支出基準

(趣旨)
1条 交際費は、町長が行政執行のため町を代表して外部との交際上、特に必要と認める場合に支出する経費であり、交際費の支出の適正化を図るため、交際費の支出に関し基準を定める。

(責務)
第2条 交際費の支出にあたっては社会通念上、妥当と認められる範囲内で必要最小限の金額となるよう努めなければならない。

(支出先)
第3条 交際費の支出先となる個人又は団体は、次のとおりとする。
(1) 立山町の事務事業に直接かつ親密な関係にあるもの
(2) 立山町政の進展に功績があったもの
(3) 災害、事故等にあったもの
(4) 町長が特に必要と認めたもの                    

(支出項目)
第4条 交際費は、前条に掲げるものとの交際において、次に掲げる事項について支出することができるものとする。
(1)会費   各種団体の構成員として支出する会費及び懇親会に係る経費
(2)慶祝   慶事及び総会等各種行事のお祝いに係る経費
(3)協賛   各種大会等の開催の協賛に係る経費
(4)弔慰   葬儀等における生花、供物、香典支出に係る経費
(5)接遇   来客を応接するための飲食、記念品に係る経費
(6)謝意   町政協力者、視察訪問先等に対する謝意に係る経費
(7)その他  その他町政の運営において、支出することが適当と認められる場合に係る経費

(公表)
第5条  この基準は公開し、また、この基準に基づく交際費の支出内容について公表する。
2 公表は、立山町ホームページに掲載するものとする。ただし、公表にあたっては、立山町情報公開条例及び個人情報保護条例の規定に基づくものとする。

(改正)
第6条 この基準については、常に社会通念に沿うとともに町民感覚に合致したものとなるよう、社会経済状況の変化に応じて適宜見直しを行うものとする。

附則
この基準は、平成17年4月1日から施行し、同日以降において支出する交際費から適用する。

附則
 この基準は、平成19年4月1日から施行する。

附則
 この基準は、平成20年10月1日から施行する。


支出金額

会 費

会費又は実費相当額

慶 祝

10,000円を限度とする

協 賛

10,000円を限度とする

弔 慰

別表に定める基準の範囲内

接 遇

社会通念上妥当と認める範囲内

謝 意

社会通念上妥当と認める範囲内

その他

社会通念上妥当と認める範囲内

支出限度額については、地域の習慣等特別な理由により、上記で定める金額により難い事情がある場合には、金額を調整できるものとする。

弔慰のめやす

対象者

香典

花輪又は生花

名誉町民

30,000

前・元四役

10,000

 

前・元四役の配偶者 10,000

町長、副町長、教育長

30,000

町長の配偶者、実父母及び同居の子

副町長の配偶者、実父母及び同居の子

教育長の配偶者、実父母及び同居の子

10,000

 

町議会議員

30,000

町議会議員の配偶者、実父母及び同居の子

10,000

 

前・元議会議員

10,000

 

町職員(現職)

20,000

関係国会議員、県議会議員

適宜対応

県知事、副知事、県教育長、県内市町村長、県内副市長村長、県内市町村教育長

適宜対応

町に対する多大な貢献者

適宜対応

その他

適宜対応

お問い合わせ

企画政策課 秘書政策係

所在地 〒930-0292 中新川郡立山町前沢2440
TEL 076-462-9105
FAX 076-463-1254

「町長交際費の公開」に関する情報

くらしの情報