子育てガイド 目指せ!育メンの星 孫守りのツボ HOME

すくすく子どもめーる

主に乳幼児をお持ちの方への情報をお伝えします。

新規に利用登録をされたいかたはこちら

利用登録を解除されたいかたはこちら

バックナンバー

  • 2019年5月24日(金) 09:20
    『6月の乳幼児健診日程について』

    6月の乳幼児健診の日程をご案内します。
    ●6月5日(水)  すくすく健診
    (対象:平成30年10月生)
    ●6月6日(木)  1歳6か月児健診
    (対象:平成29年12月生)
    ●6月20日(木) 3歳児健診
    (対象:平成28年2月生)
    ●6月25日(火) 4か月児健診
    (対象:平成31年2月生)

    【受付時間】13:00〜13:30
    【持ち物】母子健康手帳
    (4か月児健診時)バスタオル、おむつ等必要なもの


    ●6月19日(水)  むし歯予防教室
    【受付時間】
    平成29年6月生まれ 13:00〜13:20
    3・4回目の方 13:30〜14:00
    【持ち物】母子健康手帳、歯ブラシ、タオル、着替え等

    問合せ先:立山町保健センター(電話:076-463-0618)

  • 2019年5月10日(金) 11:43
    麻しんと思ったら事前に医療機関へ連絡して受診ください


    〇麻しんは、感染すると約10日〜12日後に発熱や咳、鼻水といった風邪のような症状が現れます。


     2〜3日熱が続いた後、39度以上の高熱と発疹が出現します。肺炎、中耳炎を合併しやすく、脳炎を発症することもあります。

     気になる症状があったら、事前に医療機関に連絡してから受診していただきますようお願いします。

    〇また、麻しんの定期の予防接種(第1期:1歳、第2期:小学校入学前)がまだの方は早めに予防接種を受けましょう。
  • 2019年4月24日(水) 11:50
    『5月の乳幼児健診日程について』

    5月の乳幼児健診の日程をご案内します。
    ●5月8日(水)  すくすく健診
    (対象:平成30年9月生)
    ●5月9日(木)  1歳6か月児健診
    (対象:平成29年11月生)
    ●5月16日(木) 3歳児健診
    (対象:平成28年1月生)
    ●5月21日(火) 4か月児健診
    (対象:平成31年1月生)

    【受付時間】13:00〜13:30
    【持ち物】母子健康手帳
    (4か月児健診時)バスタオル、おむつ等必要なもの


    ●5月15日(水)  むし歯予防教室
    【受付時間】
    平成29年5月生まれ 13:00〜13:20
    3・4回目の方 13:30〜14:00
    【持ち物】母子健康手帳、歯ブラシ、タオル、着替え等

    問合せ先:立山町保健センター(電話:076-463-0618)

  • 2019年3月25日(月) 10:40
    『4月の乳幼児健診日程について』

    4月の乳幼児健診の日程をご案内します。
    ●4月3日(水)すくすく健診
    (対象:平成30年8月生)
    ●4月11日(木)  1歳6か月児健診
    (対象:平成29年10月生)
    ●4月18日(木) 3歳児健診
    (対象:平成27年12月生)
    ●4月23日(火) 4か月児健診
    (対象:平成30年12月生)

    【受付時間】13:00〜13:30
    【持ち物】母子健康手帳
    (4か月児健診時)バスタオル、おむつ等必要なもの


    ●4月17日(水)  むし歯予防教室
    【受付時間】
    平成29年4月生まれ 13:00〜13:20
    3・4回目の方 13:30〜14:00
    【持ち物】母子健康手帳、歯ブラシ、タオル、着替え等

    問合せ先:立山町保健センター(電話:076-463-0618)

  • 2019年3月18日(月) 14:44
    『予防接種をご確認ください』


    この春から保育所・幼稚園に通い始めるお子さんも多いと思います。一般に乳幼児は感染症に対する抵抗力が弱く、保育所や幼稚園で集団生活が始まることで、感染症にかかりやすくなります。


    お子さんの健康を守るため、また、施設での感染拡大を防ぐためにも、予防接種を受けて感染症の予防に努めましょう。


    「定期接種」は、予防接種法に基づき、対象者や接種時期を定めて実施しています。年齢によって、対象となる予防接種が異なり、定められた期間内であれば無料で受けることができます。


    麻しん(はしか)・風しんの接種対象は、1歳児と小学校就学前1年間の小児です。小学校入学前には接種が済んでいるかどうか確認しましょう。
  • 2019年2月26日(火) 16:05
    『3月の乳幼児健診日程について』

    3月の乳幼児健診の日程をご案内します。
    ●3月6日(水)  すくすく健診
    (対象:平成30年7月生)
    ●3月7日(木)  1歳6か月児健診
    (対象:平成29年9月生)
    ●3月14日(木) 3歳児健診
    (対象:平成27年11月生)
    ●3月26日(火) 4か月児健診
    (対象:平成30年11月生)

    【受付時間】13:00〜13:30
    【持ち物】母子健康手帳
    (4か月児健診時)バスタオル、おむつ等必要なもの


    ●3月20日(水)  むし歯予防教室
    【受付時間】
    平成29年3月生まれ 13:00〜13:20
    3・4回目の方 13:30〜14:00
    【持ち物】母子健康手帳、歯ブラシ、タオル、着替え等

    問合せ先:立山町保健センター(電話:076-463-0618)
  • 2019年1月16日(水) 16:30
    伝染性紅斑(リンゴ病)が増加しています。
    妊娠中の感染にご注意ください。


    伝染性紅斑は、パルボウイルスB19を原因とする感染症で、患者の咳やくしゃみ、またはウイルスが付着した手などを介して感染します。

    小児の場合、感染後10〜20日で両方の頬に「紅斑」が出現し、リンゴの様に赤くなることが多いため、「リンゴ病」とも呼ばれています。
    紅斑は手足にもでき、全身に広がることもあります。紅斑は約1週間で消えますが、長引く場合や、一度消えた紅斑が再度現れる場合もあります。

    紅斑が現れる1週間〜10日前に微熱や風邪の様な症状がみられますが、このときが最も感染力が強い時期です。

    一方、紅斑が現れる時期にはウイルス量は少なくなっており、感染力はほとんどないと考えられています。


    伝染性紅斑は、大人が感染することもあります。子どものように頬が赤くなることは少なく、手足の腫れや関節痛、関節の腫れなどが強く現れます。

    妊婦が感染すると、胎児に異常が起こり流産等の原因になることがあります。妊娠中は風邪症状のある患者との接触をなるべく避け、手洗いなどの予防を心がけましょう。
  • 2019年1月7日(月) 09:00
    『1月の乳幼児健診日程について』

    1月の乳幼児健診の日程をご案内します。
    ●1月9日(水)  すくすく検診健診
    (対象:平成30年5月生)
    ●1月10日(木)  1歳6か月児健診
    (対象:平成29年7月生)
    ●1月17日(木) 3歳児健診
    (対象:平成27年9月生)
    ●1月22日(火) 4か月児健診
    (対象:平成30年9月生)

    【受付時間】13:00〜13:30
    【持ち物】母子健康手帳
    (4か月児健診時)バスタオル、おむつ等必要なもの


    ●1月16日(水)  むし歯予防教室
    【受付時間】
    平成29年1月生まれ 13:00〜13:20
    3・4回目の方 13:30〜14:00
    【持ち物】母子健康手帳、歯ブラシ、タオル、着替え等

    問合せ先:立山町保健センター(電話:076-463-0618)
  • 2018年12月14日(金) 08:40
    『感染性胃腸炎の予防について』

     富山県感染症情報センターより感染性胃腸炎の予防対策の徹底について、注意喚起がありましたのでお知らせします。


     感染性胃腸炎は、細菌または、ウイルスなどの感染性病原体による下痢、おう吐を主症状とする感染症の総称で、毎年冬に流行します。これから患者数が増えてくると思われますので注意が必要です。

     
     冬季に発生する感染性胃腸炎の多くは、ノロウイルスであると推測されています。

     ノロウイルスは手指や食品などを介して経口で感染します。高齢者施設や保育所等での集団感染や、飲食店等での食中毒には特に気をつける必要があります。

     患者の便や吐ぶつには、大量のウイルスが存在するため、感染を広げないよう適切に処理する必要があります。

     また、症状が無くてもウイルスを排出している場合もあります。感染予防の基本は手をよく洗うことです。次の事項に注意して、家庭内や施設内での感染を予防しましょう。


    ★感染予防のポイント★

    ○食事の前やトイレの後などには、必ず手を洗う。

    ○下痢やおう吐等の症状がある方は、食品を直接取り扱う作業をしない。

    ○ふん便や吐ぶつは、マスク、手袋を着用し塩素系消毒剤等で処理し、感染を広げない。

    ○加熱が必要な食品はしっかり加熱(中心部が85℃〜90℃で90秒以上)して食べましょう。

    ○症状のある方は、水分補給、早めの医療機関の受診をお勧めします。


    ※消毒液の作り方
     500mlのペットボトルに水を入れ、キャップ2杯の塩素系漂白剤(ハイター・ブリーチ等)を加えると簡単に作れます。
    ※ノロウイルスはアルコールに対する抵抗力が強いため、アルコール消毒はほとんど効果がありません。


  • 2018年12月6日(木) 15:55
    インフルエンザの流行シーズンに入りました

    県より、インフルエンザ流行拡大に関する注意喚起の報告がありましたのでお知らせします。

    平成30年第48週(11月26日〜12月2日)において、県内のインフルエンザの定点医療機関当たりの報告数が1.54人となり流行の目安としている1.00を上回ったことから、流行シーズンに入りました。

     また、感染予防及び感染拡大防止のため、手洗い・うがい、せきエチケットなど、個人でできる予防対策の徹底をお願いします。


    ★予防のポイント 
    〜感染予防の徹底、感染拡大防止のお願い〜

    ○うがいと手洗いを徹底しましょう。

    ○十分な睡眠やバランスの良い食生活など、健康的な生活を心がけましょう。

    ○インフルエンザワクチンの予防接種には、発症をある程度おさえ、重症化を予防する効果があるとされています。

    ○家族や周りの人にうつさないために、せきエチケットを徹底しましょう。

    ・せきやくしゃみがでそうなときは、ティッシュ等で鼻と口を覆い、周りの人から顔をそらしましょう。

    ・せきやくしゃみが続くときはマスクを着用しましょう。

    ○急な発熱やせき等の症状がある場合は早めに医療機関を受診しましょう。

    ○乳幼児やお年寄り、妊娠中の方、基礎疾患 (呼吸器疾患、慢性心疾患など) をお持ちの方は特に注意が必要です。日頃からかかりつけの医師と相談しておきましょう。

    ○インフルエンザにかかったら、無理をせず、登園や登校、をひかえるようにしましょう。