くらしの情報 閉じる

各課ホームページ

不妊治療費助成制度について

町では、平成16年1月1日から、不妊治療にかかった費用の助成を始めます。

〈助成の対象〉
 立山町内に1年以上居住している、戸籍上の夫婦で、指定の医療機関(富山県の指定医療機関と同じ)で不妊治療(体外受精と顕微授精)を受けている方。

〈対象となる治療費〉
 指定医療機関で支払った治療費で、体外受精と顕微授精の費用。富山県の不妊治療費助成以外の自己負担分。

〈助成方法〉
 医療機関の窓口で治療費を支払い、保健センターに申請してください。約1か月後に指定口座に助成金が振り込まれます。
〈助成額〉
 1年度あたり10万円を限度とします。
〈申請に必要なもの〉
領収書(レシートは不可。治療を受けた人の氏名が記載されているもの)
保険証のコピー、印鑑、銀行または農協の通帳(口座番号のわかるもの)
申請書(医師の記入欄がありますので、事前に連絡ください。)

申請・お問い合わせは
 立山町保健センター
 TEL 463-0618 FAX 462-9011(内線114)