観光交流コーディネーターのコラム

地域おこし協力隊の活動についてvol.11

今回は7月〜9月の活動のうち、平成27年度農家民泊修学旅行の下見、及び今年で3年目を迎えたインターカレッジコンペティション・フィールドワークの報告をいたします。

≪農家民泊体験事業≫
 来年立山町で農家民泊体験を行う中学校7校の先生方が、夏休みを利用して下見にいらっしゃいました。集合・解散場所になるグリーンパーク吉峰、宿泊予定の農家、クリーンセンター展望台、芦峅寺周辺、陶農館などを視察していただきました。

 すでに新聞報道等でご存じの方もあると思いますが、来年8月には東京都目黒区にあるトキワ松学園中学校が、首都圏の中学校としては初めて、しかも来年開通する新幹線を利用して我が立山町に来てくれます。新聞によると富山県で最初に受け入れる新幹線利用の修学旅行で、県内の他地区の観光関係者から注目をされているそうです。

 トキワ松学園中学校は学校行事で全国各地に行く機会が多いそうですが、富山県は初めてで、今回の下見には校長先生、教頭先生、学年主任の3名が下見に来てくださいました。下見の結果、立山町の農家に2連泊、そしてアルペンルートを抜けて長野経由で帰ってくださることになり、立山町にメリットのある日程となりました。さらに立山町の事前学習も行いたいとの申し出があり、事務局で立山町の田園風景の移り変わりをビデオで撮影し、来年の7月まで毎月送ることになりました。

 また、今年の農家民泊の高評価のおかげで、今年来てくださった新北野中学校が長野に決まっていた行先を変更して立山町に来年も来てくださることになりました。
受入農家の皆さんのご尽力により、大阪での立山町の認知は高まってきていると思っています。今後はトキワ松学園中学校のように首都圏でも立山町ファンを増やす努力をしていきます。
来年は7校延べ1,000名強の中学生が立山町に来てくれます!皆さん楽しみにしていてください。

≪インターカレッジ・コンペティション≫
 8月25日の東海大学を皮切りに、9大学(10ゼミ)がフィールドワークに立山町を訪れてくれました。参加大学は次のとおりです。
東海大学(2回目)、近畿大学(3回目)、明治大学2ゼミ(3回目)、獨協大学(3回目)、桜美林大学(初出場)、千葉工業大学(初出場)、昭和女子大学(2回目)、跡見学園女子大学(2回目)、富山大学(3回目)

 今年はインターカレッジ・コンペティション3回目を迎えることから、新たな価値を生み出そうと考え『夏のゼミ合宿は立山町』というコンセプトで新たなアプローチをしてみました。これにより今年初参加の千葉工業大学八馬ゼミにはこのフィールドワークをゼミ合宿として活用していただき、24名の学生さんが9月に立山町を訪れてくれました。

 また、今年は布橋灌頂会の開催年。昭和女子大学、跡見学園女子大学の両校の皆さんには9月21日に日程を合わせていただき、立山信仰の時代絵巻を堪能していただきました。しかも昭和女子大学の先生は時間が足りなかったと9月末にも再度立山町を訪れていただき、立山町への理解を深めていただきました。気合が入っていますね!

 今年のプレゼンテーションは予選:11月30日(日)、本選:12月1日(月)に『みらいぶ大会議室』で開催します。大学生たちが立山町の為に様々なアイディアを提案してくれるイベントです。皆さんにも是非聞いていただきたく思います。『みらいぶ』に足をお運びください。よろしくお願いいたします。

 私の任期もあと少し。『春の中学生農家民泊』、『夏の大学生ゼミ合宿』と都会から立山町に若者が来てくれるような仕組みが出来上がりつつあります。


立山町観光交流コーディネーター
島 雅啓

更新日:2014年10月9日

お問い合わせ

商工観光課 観光交流係

所在地 〒930-0292 富山県中新川郡立山町前沢2440
TEL 076-462-9971

「イベント(商工観光課)」に関する情報