よくある質問

ペットボトル、廃プラの分別回収

ごみ・リサイクル
ご質問

リサイクルの名目のもと、分別回収している。

手間暇かけて、月一回の収集に向けて、家でゴミの保管、無駄ではないのか。

掲載日:2020年12月8日
回答

●ペットボトルの分別とリサイクル

 町では、リサイクルの日に回収されたペットボトルを、地区ごとに計量し、重量に応じて報償金を配分しています。

町で回収したペットボトルは、上金剛寺にある障害福祉サービス事業所・雷鳥苑に、選別→キャップ除去→洗浄→圧縮作業を委託し、処理業者へ売却しています。その後、ペットボトルはPETフレーク等の原材料加工が行われ、新しい製品に生まれ変わります。

雷鳥苑では、このリサイクル活動を通じて、通所者の就労支援事業に取り組んでおられます。また、この売却益に町の助成金を上乗せしたものが地区への報償金となります。

全国では、ペットボトルを分別収集せずに燃やせるごみの助燃料として焼却処理している自治体もありますが、立山町では、ペットボトルを焼却せず、町内の障害福祉サービス事業所とも連携し、リサイクルすることで循環型社会の実現を目指しています。

 ※令和元年度実績

 ペットボトル回収量 34,811s

 地区への報償金(1sあたり10円) 348,100円

 

●廃プラスチック(プラスチック容器包装)分別について

 収集された廃プラスチック(プラスチック容器包装)は、富山市岩瀬地内の「株式会社富山環境整備(富山市エコタウン産業団地内)」へ搬入しています。搬入された廃プラスチックは、容器包装リサイクル法に基づき、プラスチック成型品の原材料や焼却施設で使用する汚泥と混合した助燃料に加工され、再利用されています。

なお、少しでもシールの欠片、のり、汚れがあるものについては、燃やせるごみとなりますので、ご家庭においてしっかり分別いただきますようお願いしています。

※令和元年度実績

 プラスチック容器包装回収量 114,960s

 

循環型社会構築のため、町民の皆様におかれましては、リサイクル事業にご理解とご協力をお願いいたします。町としては、今後ともリサイクル事業の推進及びゴミ減量化に向けて、啓発活動を積極的に実施いたします。

お問い合わせ

住民課

所在地 〒930-0292 立山町前沢2440番地