くらしの情報

風しんの抗体検査及び第5期定期予防接種について

更新日:2019年6月25日

昭和47年4月2日から昭和54年4月1日までの間に生まれた男性は、

風しんの抗体検査及び第5期定期予防接種を受けましょう

 これまで公的な風しんの予防接種を受ける機会がなかった昭和37年4月2日から昭和54年4月1日の間に生まれた男性は、風しんの抗体保有率が他の世代に比べて低くなっています。

 そのため、2022年3月31日までの3年間に限り、風しんの抗体検査及び第5期定期予防接種(十分な抗体の量がない場合のみ)を受けられます。 今年度の対象者には、「風しんクーポンに関するお知らせ」を送付しました。※町外の方は、居住地の保健センターより送付されます。

 風しんの発生及び蔓延の予防のため、是非受けてください。

 〇今年度(令和元年度)の対象者:昭和47年4月2日から昭和54年4月1日までの間に生まれた男性 

(昭和37年4月2日から昭和47年4月1日までの間に生まれた男性は、次年度以降の対象となります。なお、今年度抗体検査を希望される場合は、町保健センター(町外の方は居住する保健センター)にお問い合わせください。)

〇費用:無料

〇期間:令和2年3月31日まで

〇抗体検査・予防接種場所:@事業所健診や特定健診受診の機会 A本事業に参加している全国の医療機関等(実施医療機関のリストは厚生労働省のホームページに記載してあります。)

〇注意事項:

・受診時には、町から送付したクーポン券及び本人確認書類をご持参ください。

・抗体検査の結果、十分な抗体がない方は、風しんの第5期定期予防接種の対象となります。十分な量の抗体があった方は、風しんの第5期 定期予防接種の対象とはなりません。

【風しんについて】

風しんは、感染者の飛沫(唾液のしぶき)などによって他の人にうつる、感染力が強い感染症です。妊娠早期の妊婦が風しんに感染すると、出生児が先天性風しん症候群(眼や耳、心臓に障害が出ること)になる可能性があります。大人になって感染すると、無症状〜軽症のことが多いですが、まれに重篤な合併症を併発することがあります。また、無症状でも他人に風しんをうつすことがあるので、感染を拡大させないためには、社会全体が免疫を持つことが重要です。

お問い合わせ

健康福祉課 保健センター

所在地 〒930-0221 富山県中新川郡立山町前沢1169 立山町元気交流ステーション3階
TEL 076-463-0618
FAX 076-462-9011

「健康づくり・健康教育・相談・訪問指導・予防接種」に関する情報

くらしの情報