トップページ立山町選挙の記録 > 立山町選挙の記録~昭和29年立山町発足から現在までの経緯~
立山町選挙の記録
だるま頭 立山町選挙の記録
だるま


1.昭和29年立山町発足から現在までの経緯
・昭和29年 1月10日 立山町の発足 (1町5村合併)
・昭和29年 1月10日 立山町の発足 (1町5村合併)
・昭和29年 2月10日 立山町初の町長・町議会議員選挙
小選挙区制(6選挙区)、議員定員30人
・昭和29年 7月10日 新川村編入合併
・昭和29年 8月28日 新川選挙区町議会議員選挙(定員6人)
7選挙区、町議会議員定数36人となる
・昭和32年11月11日 大選挙区制、議員定数26人に条例改正
昭和33年1月29日執行の選挙より適用
・昭和39年 9月25日 議員定数20人に条例改正
昭和41年1月22日執行の選挙より適用
・昭和48年10月15日 町長選挙公営立会演説会条例の制定
昭和49年1月27日執行の選挙より実施
公職選挙法の改正により、昭和60年6月21日廃止
・昭和48年10月15日 選挙公報の発行に関する条例の制定
昭和53年1月29日執行の選挙より実施
・昭和60年 6月21日 公営ポスター掲示場の設置に関する条例の制定
昭和61年1月26日執行の選挙より実施
・平成11年 5月 1日 在外選挙人名簿の受付開始
平成12年6月25日執行の選挙より開始
・平成12年12月27日 議員定数18人に条例改正
・平成13年 7月29日 新参議院選挙制度の導入
・平成15年12月 1日 期日前投票制度の導入
・平成17年 3月22日 議員定数14人に条例改正